スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイスキー工場見学

IMG_0934.jpg

山梨県の白州には、サントリー天然水白州工場・サントリー白州蒸溜所があり、
工場見学をすることが出来ます。

『ウイスキー蒸溜所ガイドツアー』
蒸溜所内の設備を見学し、モルトウイスキーの製造工程見学+試飲

『天然水ガイドツアー』
サントリー天然水(南アルプス)の製造工程見学+試飲

『ウイスキー&天然水ガイドツアー』
サントリー天然水(南アルプス)の製造工程のほか、
ウイスキーが眠る貯蔵庫を見学+試飲

などのツアーが無料で開催されているそうです。
(ほかにも有料でセミナーなども開催あり)

IMG_0908.jpg

ガイドツアーに参加するためには予約が必要ですが、
夏休みの一定期間中は直接工場へ行き、先着順で参加する事が出来ました♪

広大な敷地内を移動するために、バスに乗ることも。。。

IMG_0906.jpg

日曜日でも待ち時間が無かった『ウイスキー蒸溜所ガイドツアー』に参加。

迫力の銅製の蒸溜釜
大小形の違う蒸溜釜が、いくつも並んでいました。

IMG_0902.jpg

大きな木桶の発酵槽が沢山!

IMG_0903.jpg

発酵槽の中では、仕込みの日にちの違いによって、発酵の差を見ることができました。
初日の槽内でも沸々元気に発酵中!

IMG_0910.jpg

貯蔵庫の中には沢山の樽が!

IMG_0914.jpg

ひとつとして同じ原酒は無いそうです。

恥ずかしながら、このツアーにてシングルモルトウイスキーの仕組みがわかりました。

IMG_0918.jpg

ツアーは40分ほどで終了。

その後はお待ちかねのゲストルームでシングルモルトウイスキー『白州』の試飲タイム。

IMG_0916.jpg

今回は新発売された「新」白州のソーダ割りと、

IMG_0919.jpg

白州12年の天然水割り。

他に、サントリーの「なっちゃん」などのソフトドリンクもあり。

おつまみとして、ナッツとチョコ頂きました♪

IMG_0927.jpg

広大な敷地内(東京ドーム64個分だって!)には、
サントリーウイスキー博物館も。

IMG_0926.jpg

館内も見ごたえありましたが~

IMG_0922.jpg

屋上の展望台からは、雄大な白州の大自然を一望することが出来、感激!

IMG_0923.jpg

大自然を満喫し、帰路につきましたが、
帰りの高速道路が大渋滞~結局5時間かかりました(^^;)。

移動する時間を考えたら、もっと近く身近に感じられるかな?

実は、シャトレーゼの工場見学もする予定でしたが、今年から予約制に・・・。
人気の工場見学のようで、早いうちから予約が埋まっていて・・・。
過去記事はこちら→

当日までキャンセル待ちしましたが、今年は参加出来ず。
また次回リベンジします!


スポンサーサイト

ワイン工場見学

IMG_0938.jpg

利用したキャンプ場近くに、『シャルマンワイン』のワイナリーがありました。

正式名称は『江井ヶ嶋酒造株式会社 山梨ワイナリー』
江井ヶ嶋酒造は、酒どころ兵庫県でも有数の総合酒類メーカー
主要銘柄は神鷹

シャルマン山梨ワイナリーは、同社のワイン部門といったところでしょうか。。。

ワイナリー周辺に拡がる自社農園で
除草剤や化学肥料を使用せず有機肥料のみを使用して安全なぶどうを栽培し、
ワイン熟成まで取り組んでいるそうです。

IMG_0865.jpg

こちらでは工場見学ができます♪
見学無料・団体以外の個人で訪問の際は、予約不要。

IMG_0857.jpg

↑葡萄を搾る圧搾機

IMG_0861.jpg

地下貯蔵庫も見学可です!

IMG_0862.jpg

瓶貯蔵庫

IMG_0863.jpg

コンクリートの地下タンク

IMG_0868.jpg

何と言っても嬉しいのが、
ワイナリー内の販売所?売店では、同社のワインの試飲できます♪
10種類ぐらいあったかな?

IMG_0869.jpg

セルフサービスです!
勿論無料・ケチケチしていません。

IMG_0870.jpg

子供やお酒が飲めない方用に、ノンアルコールの品もありました。

じっくり味わいながら品定め♪
(その間、同敷地内にある資料館にて、夫と子供は当日開催されていた絵画展を鑑賞。
 ↑実はこのサービスって重要で、嬉しいのです!)

IMG_0873.jpg

ワインに合いそうなチーズや食品類も購入できました!

IMG_0881.jpg

巨峰果汁100%のジュースも購入したのですが、
瓶詰めタイプだったため、ナイフであける事に・・・。

栓抜きは忘れず持参しましょう。。。

IMG_0945.jpg

試飲のお陰で満足いく買い物が出来ました♪
飲みやすかったから、一升瓶ワインも。

山梨では一升瓶ワインはよく見られるみたいですね。

キャンプ♪

IMG_0809.jpg

キャンプに来たので、勿論テントを張って、寝袋に潜り込み寝ます。
若干深夜、肌寒さも感じたのですが、白州もまだまだ夏真っ盛り!

我が家は、全て大学体育会キャンプ部出身の夫の私物持参で行ったので、
他にレンタルするものも無く、一区画5000円使用料のみ。

女性には嬉しいトイレも洗面所もあり、利用しやすいと思います。
洗い場にはスポンジやタワシ、環境にやさしい洗剤も完備です。

後始末が大変な缶や瓶、生ゴミも捨てる事ができて助かります。
(燃えるゴミとプラゴミなどの燃えないゴミは持ち帰りです。)

IMG_0885.jpg

夜空は星が満天!
朝はこんな日差しの中、いつになく早朝自然に目が覚めました♪

IMG_0893.jpg

キャンプ場近くには道の駅『はくしゅう』やスーパーがあるので、
地元の食材を調達できます。

こちらの道の駅では、日本名水百選・南アルプス白州尾白川天然水を汲む事が可能!
空のペットボトルも販売されていましたが、
水筒やペットボトル持参で、沢山の方が水汲みにいらしていました。

IMG_0874.jpg

キムチやきゅうりの辛子漬け、採れたて野菜をこれだけ購入しても、500円ほど!

IMG_0878.jpg

信州牛はやわらかく、美味~そして安い♪

IMG_0875.jpg

八ヶ岳牛乳とともに、こんな品も。。。

IMG_0892.jpg

米は持参した品を飯盒で炊きましたが、白州の天然水で炊いたので、更に味も格別♪

近くのワイン工場で購入したワインを飲みながらの夕飯だったので、
ニンニクを最初に焼いてから、その後の画像はぶれまくり(^^;)。

洗濯三昧♪

IMG_0901.jpg

ご近所マックのオープン記念品羨まし~と横目で感じつつ。。。

我が家毎年夏休み恒例のキャンプへ行って参りました!

とは言いつつ、私は毎年参加ではなく・・・。

夫と息子の行くキャンプはワイルド過ぎて、私には付いて行けず、
最近やっとオートキャンプ場をおさえてもられるようになったので、
やっとこ、私も参加(^^;)。

最近彼らのお気に入り~ 山梨県北杜市白州町の尾白川リゾートオートキャンプ場

IMG_0806.jpg

場内には名水百選白州・尾白川が流れています。

IMG_0804.jpg

早速、水着に着替えて♪

IMG_0842.jpg

上流なので、とっても水が綺麗で浅瀬です。
小さなお子様を連れてのファミリーも多数。

IMG_0834.jpg

自然を満喫し、命の洗濯をして参りました!
帰宅した現在は現実に戻り、これから寝袋などの洗濯です(^^;)。

その間、キャンプの様子や、
キャンプ場周辺のワインやウィスキー工場見学などへ行った際の記事を書こうと思います。。。

追記
IMG_0936.jpg

お風呂は、キャンプ場近くの白州・尾白の森名水公園『べるが』内に、
『甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯』があり便利でした♪

こちらは尾白川川岸の地下深くから湧き出る温泉で
極めて多様な濃度の高いミネラルを含有する日本最高級超高濃度の天然温泉だそうです。

露天風呂『赤湯』が源泉でしたが、湯質は流石に最高!
湯上りは、しっとりすべすべ♪

お年頃からか?
おでこにニキビが出来て、テンション下がり気味の息子の翌朝のおでこの状態が○で、
毎日入りた~い!と熱望されました。。。

気になるオープン

IMG_0300.jpg

おもちゃだけのリサイクルのお店『おもちゃリサイクルみっけ』が、
モラージュ柏近くに今月オープンしましたね♪

場所は国道16号線沿いコジマ電機とヤマダ電機の間、
かっぱ寿司奥の『総合リサイクルモールみっけ』のお隣、
コジマ電機の並びになります。

リサイクルと言っても、ほぼ新品ばかりなんじゃないかな?
デットストック品満載!
しかもおもちゃだけじゃなくて、雑貨類も充実でした♪

今回の戦利品は、ZEBRAのステンレス製キャリー型3段のお弁当箱。
勿論新品なのですが、定価表示が消費税導入前の仕様。
おそらく長い間、リサイクル店に流れてくる前のお店で、
売れ残って隅に置かれていたか?倉庫に眠っていたか?のお品でしょう。。。

以前は息子のお弁当箱として、
同じくステンレス製キャリー型のお弁当箱Seagull社製品を愛用していたのですが(画像右)
もっと大量に入る品を探していたので、早速購入♪
熱にも衝撃にも強く、中身もこぼれなくて重宝しています。

お値段は定価のほぼ半額ぐらいだったかな?
お店の中は、おもちゃとともに、ご覧のようなキッチン雑貨類が混じっているので、
宝探しの感覚♪

他にもkoziolやIittala(marimekkoとのコラボ商品も)、ALESSIのお品も。。。
レゴや食玩、筋肉マンのフィギュアなどに紛れてあったりするので、
見つけ出すのも楽しみのひとつかな(^^)。

定価の半額~3割引でありましたよ♪

オープンといえば、流山おおたかの森駅南口のマクドナルドが24日開店。
当日のお昼頃(12時頃)店舗脇を通ったら、
ランチでご利用でしょうか?凄い人!

そのまた当日20時45分頃車で近くを通ったら、凄い行列!
なんなの~?と思ったら、オープニングイベントがあった模様。

オープン記念品気になりましたが、
既に遅しだろうと並びませんでした。
駐車場もいっぱいでしたし。

30分後また帰宅時近くを通りましたが、店内賑わってましたね!
オープン記念品よっぽど素敵な品だったのかも?
あ~気になる!!

バナナ通信

IMG_0798 (2)

なんとかかんとか?夏休みの宿題の提出日21日を越えて一先ず、やれやれの我が家。

というのも、うちの息子がおそろしくマイペースで、私の方がヤキモキ。
気持ちだけ焦って、体によくありませんでした(^^;)。

なかでも、今年の読書感想文を書くために息子が選んだ本が、宮澤賢治の『よだかの星』。
もう恥ずかしがって、
漢字や原稿用紙の使い方間違ってないかチェックして~なんて、
言ってこないから、チラッと読んでみたら・・・。

もう私の子供時代の事も蘇ってきて、感想文の感想をブログに書き殴り(^^;)。

私のどこに行きました~これ食べました~の記事よりも、
私の超ドMなドロドロ記事が読みたいっていう奇特な方もいらっしゃるのですが、
あまりに重過ぎて、アップするのを自粛。

とりあえず、蟠りの無くなった両親に会いに行く!

息子の事は本当にとっても可愛がってくれる両親をみて、
私は息子を介して自分を慰めてんの。
そして素直に甘える息子に自分を置き換えて癒されてんの。

く・くらい(^^;)?
だって今更照れくさくって。。。

でも、いつまでも自分よりも大きな存在だった親も年老いていく。
私が素直になった時が親を越した時なんだろうか?
だったら一生素直にならなくてもいいけど・・・。

画像は久しぶりに見た実家のバナナ。
高さは3M超え、幹の太さは私のウエストぐらいに成長!

こちらはとっくに抜かされています。。。

奈良で口福のケーキ

IMG_0652.jpg

近鉄西大寺駅は学生時代よく使用しました。
京都の神社仏閣巡りも毎日行えば、
奈良遠征もしたくなるもの。。。

久しぶりの西大寺周辺、当然ですが変わっており、
駐車場を確保するのに四苦八苦・・・。

IMG_0653.jpg

お目当ての『ガトー・ド・ボア』に行ってきました♪
お店の脇にコインパーキングありました。。。

IMG_0661.jpg


“アンブロワジー”買いに行きました♪

スイーツの最高峰の世界大会と呼ばれる 
『La Coupe du Monde de la Patisserie(クープ・ド・モンド・パティスリー)』
洋菓子の本場フランスのリヨンで開催される2年に一度のパティシェのワールドカップで、
1991年日本人初のグランプリ受賞作品が、
こちらのチョコとビスタチオのムースに木苺のジャムの“アンブロワジー”

3人一組で出場し、その時のメンバーが、
『イデミ スギノ』の杉野英実氏、『ペルティエ』の安藤 明氏
そしてこちらの『ガトー・ド・ボア』の林 雅彦氏でした。

京橋の敷居の高い大人気店『イデミ スギノ』(過去記事はこちら→
のアンブロワジーは、イートインのみのお品で、
且つ、こちらのお店は撮影不可なので、画像が出回る事はほぼ皆無。

両方のお店の“アンブロワジー”は見た目ほぼ一緒です。
ただどちらも有名店ゆえか?どちらかの派にわかれる話を聞きます。。。

私は、持ち帰りOKということと、待つことなく購入できること、
値段が80円安いことにより、『ガトー・ド・ボア』派。
(購入後気付いたのですが、レシートにケーキ名の記載があるのも、
 手を抜いてなくてポイント高いです!)

小さなケーキ一個660円は高い買い物と思いますが、
食べ終わってからの満足度が違います~
ここに来るまでに無駄な間食全部我慢して臨みました。

クープ・ド・モンドの後、安藤氏と出場したメートル・ド・パティシエで
味覚審査1位・特別賞に輝いた“ラ・ギャラクシー”は残念ながら売り切れ(泣)!

IMG_0663.jpg

お店の方のお勧めで、“カマンベール アナナス”を購入。

カマンベールはお菓子に合うのか不安でしたが、
パイナップルとパッションフルーツのジュレと、
ところどころ埋め込まれているサクサクのクッキー生地の食感が絶妙でした!
満足満足の480円也。

IMG_0654.jpg

ガサツな私でもホテルへ無事に持ち帰ることができましたよ!

京橋の同ケーキも持ち帰りがOKになればいいな。。。

奈良でびっくり食経験

IMG_0725.jpg

奈良では実際質より量のお食事内容(^^;)。

奈良から帰宅し、今缶詰状態で夏休みの宿題に追われています。
もう締め切りが21日なんて全然言ってないんだもん・・・。

手伝わない(手伝えない)けど、とりあえず、食事作って励ましています。。。
朝食べたら昼作って、夜ご飯の用意。
その合間にブログ更新しています(^^;)。

そんな大食漢の息子は、もっぱら『うどん むぎの蔵』の大仏盛り!
大盛りじゃなくて、大仏盛りはうどん3玉使っているから?
北海道産小麦粉100%の自家製麺これで680円は大食漢も満足でしょう。

IMG_0704.jpg

安い、旨い、大きいで知られる創業60年の『三好野』のびっくりうどんは2玉で250円也。
びっくりうどんだけでは申し訳ない気がして、
画像の三輪そうめんと柿の葉寿司も注文しました(^^;)。

でももっとも美味しかったのは親子丼。
甘めの味付けで私好み~

口コミサイトなどで評判よく行ったのですが、
最初入店を躊躇って・・・。
でも、安くて旨いは偽りなし~お店の方も親切で行ってよかったお店です!

IMG_0702.jpg

中谷堂』は、毎晩威勢のいい掛け声で気になっていたんですが、
あのTVチャンピオンの全国餅つき王選手権で優勝されたお店だったんですね。

どおりで、いつも沢山のお客さんでお店の前はいっぱい!
たらふく大仏盛りを食べた後でしたが、
「一個からでもいいですよ!」
と親切なお店の方に甘えて少量購入♪

IMG_0705.jpg

やっぱり甘いものは別腹~美味でした。
一個130円也。

不思議いっぱい体験して!

DSCN5466.jpg

茨城県坂東市にある『ミュージアムパーク茨城県自然博物館』へ行ってきました。

開館してもうすぐで18年ですか~
その間、夫の転勤で転居に次ぐ転居、引越しばかりしていましたが、
実家帰省時に度々訪問~入館数は4桁に迫るものが(^^;)。
お得な年間パスポートがあるんですよ~二回も行けば元とれるみたいな。

DSCN5465.jpg

平日は嬉しい事に?混雑も無く、ゆっくりと拝見できます。
私が今回行ったのは、7月の中旬で夏休み直前。
この頃は学校の遠足もないので、特にゆっくり観たい方にはお勧めの時期です!

DSCN5464.jpg

望遠鏡独り占めで、ゆっくりバードウォッチング♪
(屋上にも望遠鏡ありますよ。)

DSCN5460.jpg

今回の企画展は『不思議いっぱい!貝たちの世界』

DSCN5462.jpg

ウミウシやオウムガイの水槽があって、お子さんが喜びそうな展示も!
水槽にフラッシュがたかれると中の生物が可愛そうなので自粛しましたが、
ウミウシってカラフルな生き物なのね。。。

DSCN5461.jpg

実物の貝塚の貝に触れるコーナーもありました。
子供の頃、本物に触ることができるってことに興奮したっけ。。。

小さい頃からしつこく連れて行ったので、今現在息子は理科部。
ジュニア学芸員になることを勧めたのですが、
いつものどうぞどうぞの控えめ?遠慮精神で応募を辞退。

親としては歯痒い思いですが、
こちらの博物館の中学生と高校生を対象にした「博物館ジュニア学芸員育成事業」
お勧めですよ!

もっとも、とても人気で何年も待ちって感じだそうです。
活動報告会もあるから、
引っ込み思案のうちの息子は参加できるとしてもまだまだ先かな~。

DSCN5459.jpg

今回の企画展は、9月17日までです!

柏で金魚

IMG_0323.jpg

奈良・倉敷記事が続いちゃってすみません。
いつまで続くんだってつっこみが入りそうですが・・・

まだまだお伝えしたいことは多々ありますが、少し休憩。
と申しますか?
たまった画像の中に開催終了間際でご紹介したいイベントもあるので。。。

IMG_0337.jpg

現在、柏高島屋で開催中の深堀隆介展『金魚涼景』行ってきました!

IMG_0302.jpg

↑こちらは8月4日に開催された深堀氏による、
1日だけライブペインティング&トークショー時に実際に描かれた金魚画。

IMG_0301.jpg

角度をかえて・・・
場所はS館と新館の4F連絡通路です。

IMG_0322.jpg

私の稚拙な説明なんていらないですよね~これ絵なんですよ!

IMG_0306.jpg
IMG_0305.jpg
IMG_0304.jpg
IMG_0303.jpg

IMG_0308.jpg

こんなお茶目な展示も!
お菓子の容器に入った金魚ですって。

IMG_0310.jpg

升と金魚って合うのね~

IMG_0320.jpg

IMG_0314.jpg

碗の欠けの演出?!

演出といえば、本物そっくりに、ちゃんとフンも描いているんですよね。。。

IMG_0315.jpg

今にも泳ぎだしそう。。。

IMG_0317.jpg

こちらの展示により、横から見て描かれた絵というのが、よくわかりました。

IMG_0316.jpg

心情的には(説明文を読んで)、こちらの木彫りの金魚もいい!

IMG_0319.jpg

でもイチオシはこれかな(^^;)?

まだまだ暑い日が続きそうですが、
涼やかな金魚の姿が暑さも忘れさせてくれることでしょう。。。

8月31日まで~必見ですよ!

倉敷美術館めぐり②

IMG_0445.jpg

絵画鑑賞の帰り、義父母がお茶するとのことで、
向かった先はcafe EL GRECO(カフェ・エルグレコ)
大原美術館に隣接するカフェです。

美術館の運営ではないですが、美術館とセットで訪れる方も多いのでは?
とっても雰囲気がいいですもの。。。

でも今回の私は、いつもの花より団子ではなく、団子より花!

お茶する家族に、
「すみません~ちょっと行きたい所が。。。」
と一人抜け(ちょっと事情があり息子も誘い出し・・・)。

行ってきました~念願の『いがらしゆみこ美術館

IMG_0446.jpg

私が生まれて初めて購入した漫画が、『キャンディ・キャンディ』
テレビアニメ化された時も欠かさずテレビにかじりつき~
キャンディ・キャンディ人形も持っていたし、
東京タワーで開催されたキャンディ・キャンディフェスティバルにも行った。。。

現在は原作もテレビアニメ版も再版・再放送ができない状態。
実家には全作品残っているけど・・・ファンとしては悲しい限りです。

IMG_0773.jpg

館内では、いがらしゆみこの描く世界を体験~
お姫様ドレスを着て記念撮影ができます♪
男性用の王子衣装もあって。。。

息子に提案したら、断固拒否!
館内に入る事も渋ったので、
(カップルでいらしていた男性もいたけど、今が一番恥ずかしい年頃なのかも)
私のお姫さま体験も見送り(^^;)。

でも館内売店は無料で入る事ができたので~

IMG_0774.jpg

記念にクリアファイルを購入♪

絵のバックは大原美術館。

IMG_0776.jpg

裏面は倉敷アイビースクエアよん♪

倉敷美術館めぐり①

IMG_0448.jpg

大原美術館

1930年(昭和5年)日本最初の西洋美術館として倉敷の地に誕生。

玄関の両脇にあるロダンの銅像がお出迎え。

所蔵作品は多岐にわたりますが、
エル・グレコの『受胎告知』が最も知られている作品でしょうか?
この作品は別格なのでしょう~単独展示になっています。

同じ構図の『受胎告知』は、世界に3点しかなく、
現在では、これが日本の大原美術館にあることは奇蹟だといわれているそうです。

今から400年以上前に書かれた絵だそうですが、
こちらでは間近でじっくり拝見することができます。

その他にも、モネの『睡蓮』、ゴーギャンの『かぐわしき大地』など、
美術の授業でお馴染みの絵がこれでもか!と拝見できます。

一日いても飽きないのです。
いつも本館拝見だけで終わってしまうのですが、
今回は義両親と一緒に観覧したので(早めに切り上げて帰宅しなくて済んだので)、
存分にのんびり分館も拝見♪

分館地下展示室には、現代アート作品を集めたコーナーもあり、
まず最初に『草間彌生』の作品がどーんとあって~
作者名見なくてもわかるくらいお馴染みの作品がです!

隅々見ないともったいない美術館です♪

IMG_0452.jpg

中庭の池にモネの睡蓮が綺麗に咲いています!

2000年6月フランスのジヴェルニーにあるモネの庭の睡蓮が、
株分けされてやってきたものです。

IMG_0451.jpg

見ごろは6月~10月。

IMG_0450.jpg

これからの感じですね。。。

IMG_0772.jpg

その他にも焼き物や棟方志功の作品が多数収められた工芸・東洋館や、
倉敷アイビースクエア内にある、
大原美術館の西洋絵画コレクションを収集し、
画家としても優れた作品を残した『児島虎次郎』の記念館も拝見できます。。。

倉敷でソウルフード

IMG_0436.jpg

倉敷へ帰省したら、必ず『大原美術館』へ行きますが、
と同時にこちらも必ず行く『ぶっかけ亭本舗ふるいち』。

IMG_0435.jpg

仲店は美観地区からも近いですよ~!

IMG_0430.jpg

本当は肉キムチぶっかけが一番好きだけど、今回は肉抜き。

IMG_0434.jpg

カキ氷宇治ミル金
餡子ちょっぴりに見えるでしょ?
いやいや中にたっぷり入っています!
こちらは餡子の美味しさも有名なんです。

IMG_0463.jpg

本当はこちらのふーまんと呼ばれる大判焼きも人気商品なのですが、
夏場は販売停止中。

残念と思っていたら~
イオンモール倉敷に行ったら、ふーまん売ってました♪
やっぱり餡子が美味。

IMG_0460.jpg

おまけの画像
↑以前倉敷チボリ公園があったところに、
昨年『アリオ倉敷』・『三井アウトレットパーク 倉敷』が出来ました。

凄い激混みで周辺道路大渋滞でした。
落ち着いた頃に行ってみたいと思います!

倉敷の夏 2012

IMG_0437.jpg

今年のお盆の倉敷・美観地区の様子です。

何とか人がいない場所を選んで撮影しましたが、
そんな場所を探すのが困難なくらいとっても多くの人出!

IMG_0438.jpg

帰省時、いつも人がいない頃ばかり行っていたので、
寂しく思っていたのですが、素敵なお店も増えて、活気があって楽しかったです!

IMG_0440.jpg

夫は育った期間より故郷を離れてからの方が長くなりましたが、
やっぱり生まれ育ったふるさとは忘れがたしですね。。。

IMG_0441.jpg

今年は夫の福島行きの件で、義父母には大変心配をかけてしまいました。
車での帰省は長時間かかり、毎回面倒と思いますが、
元気に家族そろってお盆を迎えことができることに感謝しなければ!

だけど、もう20時間も帰省に時間かかるのは嫌だな(^^;)。

IMG_0443.jpg

帰省時には必ず一回は行く『大原美術館』と、
今年は念願の『いがらしゆみこ美術館』にも行けました♪

倉敷市民(元市民の夫)のソウルフードも食べました。

次の記事に続きます。。。


新東名あれこれ

IMG_0366.jpg

今回の帰省時には、新しく出来た新東名高速道路を使いました。
サービスエリアに全て立ち寄ったために、
ナビの到着予報時間を大幅に上回ることに・・・。

↑新東名限定販売の『富士小林園のお茶』

NEOPASA清水のフードコートはガレージをイメージしているようで、
テーブルもこんな感じ!

IMG_0363.jpg

↑こちらの牛乳プリン美味♪

IMG_0371.jpg

『THE HIGHWAY STORE UNITED ARROWS LTD. LONCAFE』
日本で初めてのフレンチトースト専門店として、
湘南文化を発信する『LONCAFE(ロンカフェ)』がプロデュースした高速道路初出店のお店。

IMG_0367.jpg

BEAMS初の高速道路店『レムソンズ』

などなどNEOPASA清水はおしゃれなお店がいっぱいでした♪

IMG_0383.jpg

NEOPASA静岡(下)バンダイが展開する新型店舗『STRICT-G』

IMG_0382.jpg

ガンダムTシャツの自販機!

IMG_0379.jpg

Tシャツ&ハンガーのセット。
ハンガーは実際に組み立てると10cmぐらいのガンダムになるそうです!

IMG_0384.jpg

NEOPASA浜松(下)は楽器の町・浜松らしく聞いて体感できるミュージックスポットがあり、
子供たちに大人気でした!

IMG_0387.jpg

施設内外楽器のイメージ!

IMG_0355.jpg

とにかく新しく出来たサービスエリア内のショップはオシャレ~でした!
↑画像はハワイアンローカルフード店『MOKUOLA Dexee Diner』で食べたお品。

IMG_0356.jpg

NEOPASA 駿河湾沼津(下)
高速道路初出店。

IMG_0352.jpg

オーシャンビューエリアで頂くことができました♪

IMG_0731.jpg

NEOPASA浜松(上)『鶏三和』
名古屋コーチンの親子丼ときしめん

IMG_0730.jpg

塩からあげも

IMG_0729.jpg

手羽唐も食べました♪

IMG_0727.jpg

NEOPASA浜松(上)『石松ぎょうざ』
10個で525円也。

ざっと駆け足で、SAでのお食事の一部をご紹介しましたが、
従来のSAでのお食事のイメージが一新~
買い物・食事だけのためにSAに行きたい感じじゃない?

IMG_0735.jpg

お土産コーナーも楽しかったですよ~!
私は地元農産物コーナーが大好き♪

NEOPASA 駿河湾沼津(上)で、ジャンボにんにくとミラクルフルーツを購入しました!
どちらも自分で栽培するのが夢なんだ。。。

奈良明日香紀行・飛鳥寺など

IMG_0505.jpg

日本最初の寺であり、日本最古の仏像・飛鳥大仏で有名な飛鳥寺へ。

IMG_0498.jpg

お寺の方の親切な説明で、ご本尊飛鳥大仏に関するお話が拝聴できます。

IMG_0500.jpg

最初から、写真撮影はご自由に!とのことでしたし、
手を伸ばせば届きそうな身近で拝見でき、
数奇な運命を辿ったと思われる仏像にますます親しみがわきました。

IMG_0501.jpg

IMG_0507.jpg

同じく聖徳太子縁の橘寺。

IMG_0508.jpg

橘寺お向かいは、これまた広大な川原寺跡。
現在川原寺跡に建つ寺院敷地内には『川原寺 花つばき』というお食事処があり、
麦めしとろろご膳がおすすめとか。

非常に惹かれましたが、川原寺跡の写真を撮っていた際、偶然見つけたお食事処。
訪問直前に食事を済ませてしまっていたために見送る事に・・・残念でした。

奈良明日香紀行・猿石

IMG_0541.jpg

↑欽明天皇陵のすぐそばにある、
吉備姫王墓敷地内にある謎の石を見に行く事に。
吉備姫王とは欽明天皇の孫、孝徳天皇と皇極(斉明)天皇の生母です。

猿に似ている事から『猿石』と呼ばれるユニークな石造物たちは、
もともとは欽明天皇陵の敷地から堀り出されたものだそうです。

IMG_0539.jpg

明日香村散策では、奇妙な謎の石に度々遭遇しました。

IMG_0540.jpg

誰が何の目的のためにこれらの石造物を作ったのでしょう。。。

飛鳥ロマンに思いを馳せながら散策するのも楽しきかな♪

奈良明日香紀行・高松塚古墳・キトラ古墳

IMG_0527.jpg

高松塚古墳と高松塚壁画館へも行きました!

壁画の忠実な模造と模写、石槨内部の模型により、
貴重な文化財をゆっくりと鑑賞する事が出来ました。

子供の頃から、この記念郵便切手を見ていただけに、
何だか感無量(^^;)。

IMG_0535.jpg

周りには文武天皇陵などもあって、100円で駐車できるスペースもあり、
車で行っても大丈夫そうでしたが~さらに歩き・・・

IMG_0536.jpg

キトラ古墳へ。
画像はキトラ古墳仮設保護覆屋

IMG_0538.jpg

今は厳重に保存・整備がされているようですね。

奈良明日香紀行・亀石など

IMG_0526.jpg

天武・持統天皇陵へ。
数台停められる駐車場もあるようです。

階段をあがった先が、天武天皇と皇后持統天皇の夫婦合葬陵です。

IMG_0518.jpg

この辺りは、このような散策道が続き、のんびり歩いていくと~

IMG_0512.jpg

何ともユーモラスな亀石。
何の目的で作られたかは謎だそう。
民家の近くにポンと置かれた感じでちょっとビックリしました。

IMG_0521.jpg

鬼の雪隠と

IMG_0520.jpg

鬼の俎板

元々は1つの古墳の石室だったものが二つに分かれてしまったそうですが、
数十メートル離れているのに不思議です。

昔はこの辺りに鬼がいて・・・と様々な伝説があるようですが、
そんな事にわかに信じがたいですが、実際にその場に行くと信じたくもなる・・・。

奈良明日香紀行・酒船石遺跡

IMG_0490.jpg

石舞台古墳をあとにし、奈良県立万葉文化館の駐車場へ。
こちらの駐車場は無料なので、こちらを拠点にし徒歩で明日香村散策することに。

駐車場すぐの酒船石遺跡へ。
『亀形石造物』

IMG_0491.jpg

平成12年の発掘調査にて見つかった遺跡です。

飛鳥の謎の石とよばれ、何らかの祭祀が行われていたのではと言われています。

IMG_0492.jpg

『亀形石造物』から脇にある小高い丘を登った先にある『酒船石』。
酒を造る道具、あるいは薬などを造るための道具とも言われていますが、
定かではなく・・・。

IMG_0494.jpg

『亀形石造物』と『酒船石』両者の関連も明らかにはなっていないそうです。

明日香村には、奇妙で不思議な謎の石が多数存在していました。
しばらく、石巡りの記事が続きます。

奈良明日香紀行・石舞台古墳

IMG_0487.jpg

今回の奈良行きは、明日香村散策も大きな目的の一つ。
修学旅行では、たぶん行く事はないでしょうから、
息子とのんびり歩きながら万葉人に思いを寄せて。。。

IMG_0476.jpg

まずは、石舞台古墳へ。

IMG_0486.jpg

こんな大きな巨石、どうやって運んだのでしょう?

被葬者は明らかにはなっていませんが、諸説あり、
大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父・蘇我馬子の墓が有力説。

IMG_0479.jpg

中に入る事もできました。
想像以上に大きい!

IMG_0489.jpg

古墳の周りはこんな感じ。
かなり整備はされているでしょうが、埋葬当時とあまり変わってないかもしれませんね。
時間がゆったり流れているかのよう。。。

奈良紀行・長谷寺

IMG_0593.jpg

奈良市内から少し足を延ばして、長谷寺へ。。。

IMG_0639.jpg

仁王門をくぐると登廊。

長く続く階段を前に一瞬たじろぎましたが、
段差があまり無かったので助かりました(^^;)。

IMG_0601.jpg

仁王門から登廊を登って本堂へ向かうと、
鐘桜から鐘の音と法螺貝の響き。

正午に鐘と法螺貝で時を知らせているそうで、
千年の昔から絶えることなく続いている長谷寺の習わしだそうです。

IMG_0608.jpg

本堂の外舞台にて、五重塔を臨んで。
戦後の日本で初めて建てられた五重塔で、昭和の名塔と呼ばれている五重塔。

IMG_0620.jpg

近くに行く事もできました。
新緑の季節も素敵ですが、紅葉の頃も素敵でしょうね。

IMG_0631.jpg
盂蘭盆会中の参拝・参詣でしたが、静かにお参りすることが出来ました。
これもご本尊様のお導き。。。

奈良紀行・平城宮跡

IMG_0647.jpg

今回の奈良滞在は歩き回れる範囲でをモットーとしていたので、
もっぱら滞在先の興福寺周辺をゆっくりのんびりと過ごしていたのですが。。。

近鉄西大寺駅近くのケーキ屋さんには通っていたので、
途中にある平城京跡を車中からパチリ。

IMG_0651.jpg

物凄く広大な跡地がそのままで残っているのでしょうか?

平城宮跡資料館が入館料無料であったので、行ってみたらよかったかも。。。

奈良紀行・奈良の鹿

IMG_0715.jpg

奈良公園は鹿がいっぱいです。

噛む・叩く・突く・突進するの鹿の行為に注意を促す看板が公園の至る所に設置されているのですが、
みな穏やかで、人懐っこく、全く危険な思いは皆無でした。

201208160906287f9.jpg

しかしながら・・・
鹿に触っている方も多かったのですが、私は恐る恐る触る真似だけ。

だって春日大社創建の際、
茨城県にある鹿島神宮の神様が鹿に乗ってやってきたと伝えられてるんですから。。。
元茨城県人にとって奈良公園の鹿は特別な存在!?
神使の鹿ですもの~
恐れ多くて、近づくにもへっぴり腰、顔も引き攣ってる(^^;)。


人も多いですっ!

奈良紀行・奈良大文字送り火

IMG_0678.jpg

8月15日は奈良大文字送り火でした。

IMG_0677.jpg

飛火野での慰霊祭にも参加。

高円山に燃え上がる『大』の字は宇宙を意味し、
人体にひそむ煩悩の焼却と諸霊に供養する清浄心を表す
と滞在先の方に教えていただきました。

IMG_0692.jpg

20時ちょうどに高円山に灯が燈り、歓声が。。。

その後、歩いて10分ほどの猿沢池付近へ行ったのですが、
20時半頃まで『大』の字は消える事なく、拝見する事ができました。

IMG_0709.jpg

昼間の高円山の様子は~

IMG_0706.jpg

奈良ホテルエントランス付近より撮影♪

奈良紀行・春日大社

IMG_0676.jpg

春日大社 中元万燈籠は8月14日・15日の19時~21時半に行われます。

IMG_0695.jpg

滞在先からテクテク歩いて、一ノ鳥居

この辺りでは、周辺が大混雑。
でも参道、境内は燈籠の灯火のみ。
それでもトラブルもなく、粛々と厳かに伝統行事は執り行われ。。。

IMG_0685.jpg

約800年行われてきた行事で、
境内には石燈籠が約2000基、釣燈籠が1000基あり、
全てに灯が燈されるそうです。

IMG_0683.jpg

一つ一つに願いが籠められているのでしょう。。。

IMG_0682.jpg

朱塗の回廊と灯火はいつまでも心にやきつきました。

IMG_0679.jpg

蝋燭の灯りっていいですね。。。

奈良紀行・東大寺

IMG_0585.jpg

東大寺は8月13・14日夜間拝観が19時~21時まで行われていました(両日は拝観料無料)。
15日は大仏様約2500基の燈火をお供えして諸霊を供養する万燈供養会が22時まで。

IMG_0567.jpg

東大寺南大門

IMG_0568.jpg

木造金剛力士立像
吽形

IMG_0569.jpg

同・阿形

夜ライトアップされている様子は、昼間拝見するのとはまた違って迫力がある!

IMG_0584.jpg

8月13・14・15日は大仏殿のほぼ中心部にある観相窓といわれる扉が開いており、
大仏様の顔を拝めます。

IMG_0574.jpg

ちょっと大きくした画像ですが、見辛いかな・・・。
正面には沢山の方がいて、立ち止まる事もダメだったので、上手く撮影出来ず・・・。
画像ちょっと正面からずれてしまいましたね。

IMG_0577.jpg

大仏様の大きさには声も出ず。。。

IMG_0579.jpg

夜、拝見するのは初めて。

IMG_0580.jpg

念願の大仏殿の柱の穴くぐりやってみました!

私は無理なので、息子がね。
息子も無理無理と言っていたのですが、
もう今回で体型的に限界かも?と強引に勧めました!

万が一、引っかかった時のために、ひっぱり出す準備も(^^;)。

IMG_0581.jpg

柱の穴の大きさは大仏様の鼻の穴と同じと言われています。
縦37cm 横30cm 奥行き108cmとのこと。

IMG_0582.jpg

無事潜り抜けて拍手喝采!
諸説ありますが、夫が子供の頃挑戦した時は、
潜り抜けると頭がよくなるからと勧められたとのこと。
ご利益あるといいな。。。

IMG_0562.jpg

東大寺の帰りは、浮雲園地を抜けて。。。

IMG_0554.jpg

奈良国立博物館では、光のエンターテイメントショー

夏の奈良の夜は様々な光に包まれて。。。

奈良紀行・興福寺

IMG_0717.jpg

今回は興福寺の近くに滞在し、部屋からも興福寺の五重塔が拝見できました。

とは言っても、興福寺の五重塔は高さ約50Mで、
木造塔としては京都の東寺五重塔に次ぎ日本で2番目の高さ。
奈良市内散策中ランドマーク的な存在でもありました。

IMG_0550.jpg

8月5日~14日は『なら燈花会』開催中で、
興福寺では、国宝東金堂の夜間拝観や国宝館の夜間開館もあり賑わっていました。

IMG_0696.jpg

ライトアップされた五重塔

IMG_0718.jpg

『なら燈花会』開催中は一部照明がLEDにかわり、
国宝館内の『阿修羅像』などを細部まで鮮明に見る事ができたり、
後ろに浮かび上がる影も堪能できることに。。。

国内仏像彫刻の国宝17%が集まる興福寺。

さすがに館内は撮影・スケッチ禁止ですが、
ひとつひとつの仏像がこんなに間近で見てしまっていいの?
ってぐらいガラスケースを外した露出展示方法にて拝見することができます。

『龍燈鬼・天燈鬼両脇に金剛力士立像』のコーナーでは、
遮るものがないので、筋肉隆々の様子や険しい表情、血管の浮き具合もよくわかりました。
やはり迫力が違います!

IMG_0586.jpg

猿沢池のほとり

IMG_0588.jpg

猿沢池から興福寺五重塔へ至る五十二段の階段。
一段一段に竹灯りが燈されていました。

今年で『なら燈花会』14回目だそうです。
灯りをみつめながら色々なこと想ったり。

奈良の夜の至福の時間は静かに更けていきました。
色々な人の想いのこもった『なら燈花会』末永く続きますよう。。。

奈良山の小松が下で夜も更けて

IMG_0711.jpg

今回の旅は、まずは夫の実家へ行くため車で新東名を通過し南下しましたが、
ことごとく渋滞にはまってしまい、
ナビの到着予想12時間を大きく上回ること20時間・・・。

もう度重なる故障にもメゲズに何度も何度も修理をしながら大事に大事に乗ってきた、
ユーザー歴10年以上の英国車には今回の燃費の悪さには泣かされました・・・。

昨今の燃費の良いエコカーに心を動かされつつも、
まだまだ乗れるし、愛着あるしで手放せなかったのですが・・・。
あまりのダメぶりに、ほとんどの方が手放して、
現在同じ車を乗っている方を見かける事も滅多になく・・・。
でもそんなところ・ダメな子ほど可愛いっていうか~
散々メンテナンスして手塩にかけてきたんですが・・・。
ちょっと考えなければ(泣)。

20時間もかかったのは、新東名の新しく出来たSAに全て寄ってしまったのが敗因かも?
でも最新のSAは新形態ぶりが面白く楽しめました!
画像が沢山蓄積されているので、おいおい整理しつつブログにアップしたいな。

夫と私の交代で運転しましたが、流石によれよれ状態で実家に到着(^^;)
実家倉敷での滞在も満喫してきたのでその様子もアップしたいところですが~
(大原美術館は帰省のたびに行っていますが、
 今回は念願のいがらしゆみこ美術館も行って来たのでV)。

現在奈良では興福寺のすぐそばに滞在しているので、早朝奈良公園を散策したり。。。
画像は興福寺の五重塔。
奈良はどこでも絵になる町。

ちょっと足をのばして、明日香村散策も楽しみました。
奈良はついつい歩き回ってしまう町。
気づけば一日2~3万歩ぐらい歩いてる(^^;)

IMG_0557.jpg

ここ数日、春日大社の中元万燈籠・東大寺の万燈供養会・奈良大文字送り火があり、
夜遅くまで灯りがともり、厳かで且つ雅な夏の奈良の夜を満喫しました。

流山で検索してご訪問してくださった方ごめんなさい。
しばらく、倉敷・奈良の記事が続くかも?

万葉の地にて

IMG_0692.jpg

長々とブログを放置してしまい、
せっかくご縁があって、ご訪問してくださった皆様申し訳ありませんでした。

ノートPCとiPhoneを持ち旅立ちましたが・・・全く無縁の世界に。

現在は奈良に滞在しています。

画像は15日に行われた奈良大文字送り火の様子です。
また落ち着きましたら、ブログの更新もしていきたいと思っています。


奈良市観光協会が観光客誘致を図って制作したポスターが秀逸!
ポスター全体にかけて、どアップの鹿もかわいいけど、
キャッチコピーがとっても素敵!

滞在中よく利用した猿沢池近くのうどんやさんでポスターを拝見しました。
キャッチコピーは、『ヤバイほど、好きよ。』
横に小さく、大伴坂上郎女が詠まれました とあり、
元歌を現代風に一言で訳したってことなんでしょうね。。。

恋ひ恋ひて逢へる時だに愛しき言尽くしてよ長くと思はば 
大伴坂上郎女(万葉集より)

恋しくて恋しくて、やっと逢えたそのときは、
繰り返し愛していると何度も言ってよ。
私をいつまでも想う気持ちがあるのなら・・・。
私との仲を永く続けようと思う気持ちがあるならば・・・。

そんな言葉、素直に言ってみたいけどね(^^;)。

07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ba nana

Author:ba nana
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。